お金借りる

即日融資なら銀行カードローン?それとも消費者金融?

お金を借りる方法は様々ですが、最近の傾向としては期消費者金融などで即日の借り入れを可能にしてくれるところがあります。そのため、今すぐお金を借りたい人でも簡単にお金を借用することができるのがポイントです。例えば、今日のうちに買いたい場合には祭壇で30分の時間さえあれば借用できるのがポイントになりますが、すべてのところでそのように短期間でお金を手に入れることができるとは限りません。そのため、しっかり事前準備をして調べた後に借りるようにするべきです。基本的に銀行系の場合は即日に貸してくれる可能性は低いですので消費者金融などを狙ってみると良いでしょう。

 

最短で30分程度ですが、これはカードを作っている場合が前提になりますのでいくらネットで申し込んでもあるいは携帯で申し込んでもすぐに貸してもらえるとは限りません。ただそのような面倒な手続きを一切排除したものも存在しており、最近はカードだして貸してもらえるところも少なくありません。そのように考えると、お店を選ぶことでいくらでも最短で貸してくれる可能性が高まるわけです。

 

ただ、その日のうちにお金を借用するとしても午前中に申し込まなければ貸してくれない可能性があります。緊急性がある場合には、午前中に申し込みが必要です。

 

誰にもバレずにお金を借りるには?

お金を工面しなくてはいけなくなった時、誰にもバレずに用意する方法はあるのでしょうか。親と同居している段階で親にばれないようにお金を用意するのは簡単ではありません。未成年であれば、親の承諾がなければ工面することができないのです。ただし、18歳以上でクレジットカードなどを所有している場合、ショッピング枠を利用してお金を工面することは可能です。また、旦那に内緒で工面したい主婦の方も手軽にできる方法と言えるでしょう。

 

ただし、この方法は親や旦那にバレないだけであり、お金を借りる形になってしまえば返済が待っています。返済をする為に同じ方法を繰り返してしまい、首が回らなくなってから話すぐらいなら、必要となった時に最初から相談されている方がマシとも言えるのです。ショッピング枠を利用して現金化することで、その時に必要なお金は工面することができますが、結局はいつか返済しなくてはいけません。また未成年の場合ですと、履歴から親にバレることもないとは言い切れません。親や旦那に知られたくない、バレたくないからと闇金融業者からお金を借りるのだけは避けてください。自分だけではなく家族を巻き込むような結果になりますので注意が必要です。

銀行でお金を借りる色々な方法について

お金が必要になって、貯金がない場合は借りるのを考えている人もいるでしょう。お金は身内から借りるのが一番良いですが、なかなか言えない場合も多く銀行から借りたいと思う人も多いです。銀行系では農協やゆうちょ、郵便局など多くの金融機関があります。キャッシングが行えるので比較的スムーズに借りることができます。

 

一番のメリットは信頼がおける機関だということです。銀行カードローンも金融機関によって異なりますが、100万円を限度に借用できる制度もあります。銀行系の場合は審査がしっかりしているので、事前の書類が多いですが通ってしまえば月々の返済金額も無理なく設定することができるので、便利に利用できます。利息はゆうちょ、農協、都市の銀行によっても異なるので比較しながら無理のない計画を立てることが大切です。

 

銀行系の場合は書類審査、保証人や身分証明など厳しく審査があるので前もって準備しておくことが大切です。銀行の通帳やカードを持っていれば自分の口座がある銀行系でスムーズに手続きすることができます。銀行カードローンがあるので利用すると良いです。窓口で説明を受けることができるので借りる場合は相談してみることが大切です。

 

消費者金融でお金を借りる場合

消費者金融でお金を借りるには、事前に書類の準備を行なっておくことが大切です。中小や中堅のカードローンであっても、消費者金融からのキャッシングを行う場合には、運転免許や給与明細等の簡潔な書類があれば申し込みが可能となっていきます。

 

多くの消費者金融では担保の提示の必要もなく、最短で即日での融資を受けていくことも可能です。殆どの消費者金融ではネット上で申し込みが完結するようにもなっていますので、自分なりに必要なタイミングで自由な借り入れを進めることが可能です。金融機関によってはネット上に仮審査機能が搭載されている場合もあり、借り入れの申し込みを行う前に、自分なりに融資が可能かの判断を行うことも可能となっています。

 

少額な金額から、複数の借り入れをまとめるような高額な借り入れに至るまで幅広く利用出来るのも消費者金融の魅力です。借り入れを行なった金額の返済も、店頭で行うだけでは無く、近所のコンビニ等からも行うことができ、無理の無い返済を行なっていくことも可能です。中小の消費者金融や中堅の消費者金融と、それぞれの金融機関によって金利や借り入れ限度額も違っていきます。ネットの比較サイトを参考にしていき、適切な借り入れを進めましょう。

【お金借りる】Q&A

母子家庭でもお金を借りる方法
母子家庭でも、母親が20歳以上で(アルバイト・在宅ワークを含む)一定収入があればキャッシングの申込みが可能です。もしアルバイト等が出来ない時は在宅ワーク登録がお勧めです。

母子家庭では母子手当や養育費など給料以外でまとまった収入を得られる事もあるので、利息負担を減らすためにそれらをキャッシング繰り上げ返済にも充てられます。アコムやプロミスなどの大手消費者金融は初回限定30日間無利息サービスを実施、また国からは児童手当や母子手当などは4か月分まとめて支給されます。こういう手当を利用してキャッシングやカードローンの一括返済に充当すれば実質無利息で借入も可能です。特にプロミスは女性専用ダイヤルがあり、初めてキャッシングを利用する人も安心して相談できます。

ブラックでもお金を借りれる方法
過去に自己破産や個人の民事再生法を行っている人や、既に複数の他社からの多額の借り入れがあるような、いわゆるブラックリストに載っているような人であっても、キャッシングが可能な場合があります。もちろん俗にいう闇金と言われる悪徳業者に頼らなくても可能性はあります。大手や中堅どころの消費者金融だと難しいですが、中小の消費者金融だと借り入れができる場合があるのです。そのような企業は、大体ホームページなどで「ブラックOK」とか「ブラックでも…」等と告知してくれているので、そのような企業を探すのは決して難しくはありません。また、借り入れを行いやすいのは、自分の住んでいる地域に店舗を構える業者さんです。そして実際に店舗を訪問することができる人だと確率も上がります。
自己破産でもお金を借りれる方法
自己破産した後にお金を借りるには、返済できなくなった金融機関やその保証会社とは関係ないところに申し込みを行う、5年から10年間待って個人信用情報機関の記録から消えるのを待つのが基本的な方法です。自己破産した記録は永久的に残ることはなく、消えた後であれば追跡されなくなります。しかし、そのときに借りていた金融機関には自社記録が残っているので、他社に申し込まないと把握されて審査に落ちます。

記録が残っているときに借りたい場合には、中小の消費者金融の一部に自己破産していても契約できるとするキャッシングがあるので、それに申し込むと良いでしょう。闇金融に騙されないように十分に確認する必要があります。また、借りられる可能性があるだけであり、自己破産は審査に影響を及ぼすので通らないことも多いです。

無職でもお金を借りる方法

職がなくてニートで失業中の人は若い世代でも増えてきています。特に多いのは40代の働き盛りでも職を失って室長中の人も多く、無収入の人も多いです。無職でも生活のためにお金が必要になるのでお金を借りたいと思っている人もいるでしょう。無職の場合はほとんどの場合お金を借用することが難しいですが、方法はあります。銀行などで無職の人本人の名義では難しいですが、家族や親が安定した定期的な収入があれば返済能力はあるとみなされるので、借りることができます。無職で借用する場合は保証人が必要になります。審査が難しくない会社もあるので、事前に調べて問い合わせてみると良いです。ニートで失業中でも相談できる窓口があるので市役所や公共の機関に問い合わせると良いです。
申込みできる年齢
金融会社からのお金の借り入れができる年齢が何歳なのかは気になる所ですが、20〜65歳であればほとんどの会社で安定した収入を得ていることが確認できることを条件に認められるでしょう。

一方で、会社によっては20歳未満の人についても、大学や専門学校に在籍していることを条件に18〜19歳の人の申し込みも受け入れることがあり、また65歳を超えていても70歳あるいは75歳に達していなければ申し込みを受け付ける方針がとられている場合があります。金融会社の公式Webサイトや融資商品の説明には申し込み条件が記載されており、その中には年齢についても言及されているはずなので、読んで確認をすませてから申し込むようにしましょう。

電話連絡なしでお金借りる方法
カードローンなどの契約を行うときには審査で在籍確認が行われます。会社に電話するものであり、実際に勤務の実態があるのか確認するためにのものです。しかし、勤務先に連絡されるのが困る場合には、相談すれば電話なしにできることもあります。この対応は銀行では行っておらず、大手消費者金融の一部だけになります。

会社に電話をしなくても在籍確認がなくなるわけではありません。社員証、保険証、直近の給与明細などの在籍していると推測できる書類を提出することで代用します。ただし、希望限度額が高い場合など、慎重な審査が必要であると判断されたときには、この対応を行っている消費者金融に相談しても断られることもあるので注意しましょう。

土日や夜中にお金を借りたい場合
土日や夜に急にお金が足りなくなってしまった場合は、銀行が発行するカードやクレジットカード会社が発行するキャッシング専用のカードやクレジットカード、消費者金融が発行するカードのキャッシングサービスを利用して、お金を借りることができます。借入限度額があったり金利を支払う必要はありますが、土曜日でも日曜日でも夜中でも、24時間atmで引き出すことができるので便利です。銀行やコンビニのatmなどで利用することができますが、深夜の限られた時間内は引き出せない場所もあるので注意が必要です。カードを発行する会社によって、審査や金利・手数料などが異なるので、確認して自分のニーズに合ったカードを選ぶ必要があります。
無利息でお金は借りれるの?
普通に考えれば利息なしでお金を借りることができるのは、親子間であるとか相手が親戚の人というような限られたケースであって、一般的な場合は無利息での借金はあり得ません。

唯一金融機関であるケースは、その機関の特別なサービスという稀なものです。例えば、1週間以内に返済するのであれば、利息なしで大丈夫というような具合です。
これは最近よくあるサプリメントの販売などと共通しているもので、最初は無料でお試しいただき、気に入ったら次からは正規なお取引をしてくださいというものであり、一種の販売促進策と言えます。
そのことを意識して行うのであればまだしも、お得感からだけで借りると、次からは利息返済で悩まされることになりかねません。

総量規制とは何
総量規制は、消費者金融会社や信販会社に対して、借入残高が年収の3分の1を超えている個人へ新たに貸付を行うことを原則として禁止する規制のことで、2010(平成22)年6月からスタートして現在も続いています。

実は、この規制の対象に銀行や信用金庫、農林中金などは含まれていません。理由は総量規制が貸金業法の規定であり、銀行が遵守しなければならない銀行法や、信用金庫が守るべき規則が盛り込まれている信用金庫法、農林中金の営業の根拠法にあたる農林中央金庫法には貸金業法の総量規制を準用する規定が盛り込まれていないからです。ただし、申込先が総量規制対象外のところだからといって審査によって融資の可否が決まることには変わりないため、著しく高額の融資を希望することは返済能力を証明できない限り不可能です。

ヤミ金・サラ金とは?
サラ金やヤミ金というものは、金融業として国から認可を得ずに顧客に金を貸し付けている業者のことをいいます。認可を得ていないので金利も高く設定されており、俗に言う「トイチ」と呼ばれる10日に1割の金利を請求する業者が多く取り立ても非常に厳しいものです。サラ金以外・闇金以外の国の認可を得て貸金業を行なっている場合、朝9時から夜6時までしか借金返済の督促をすることはできませんがサラ金やヤミ金だとこのルールを守らず更には悪質な方法で返済を迫ってきます。サラ金・ヤミ金の場合は、信用調査をすることもなく担保も不要でお金を借りられ金利をしっかりと返済していれば厳しい取立てを行なわれることもありません。お金に困った時の最終手段として利用できるといえます。
更新履歴
page top